幸せの黄色いポスト

こんにちは!根室杉山水産のツルガです。
みなさん幸せの黄色いポストはご存じでしょうか?

投函すると幸せになれるという幸せを届ける黄色いポストとして
全国で人気撮影スポットとなっているそうです。インスタ映えしそうですよね!

なんと、このポストが2019年10月に日本最東端の有人駅「JR根室駅」前にも設置されました。
全国で14か所目となるそうです。設置されたポストは、すでに製造停止となっている丸形1号ポストを黄色に塗装したという、とても希少らしいです。

根室へお立ち寄りの際には、ぜひ「幸せの黄色いポスト」からお手紙を出してみませんか?

この日は午後から急にお天気が良くなったので、今がチャンス!と思い風連湖まで一人ドライブに
行ってきました。実は一度しか入ったことのない道の駅スワン44根室はオープンして20年を
迎えたました。ラムサール条約登録湿地「風連湖・春国岱」に隣接している施設です。
中はガラス張りになっていて、風連湖を一望できます。季節ごとに国の天然記念物に指定されているタンチョウや、オオワシ、オジロワシ、シマフクロウ、オオハクチョウ、他に様々な野鳥たちを
四季を通じてみることができます。エゾシカは年中みられ、時々この駐車場まで顔を出すことも
あるそうです。運が良ければ、エゾユキウサギや、エゾリスにも出会えるかも!
施設内には、ここでしか買えないお土産がたくさん揃ったショップや、根室のソウルフード「エスカロップ」など、地域ならではのメニューが楽しめるレストラン「Bird Pal」があります。
風連湖を眺めながらのお食事もいいですね!ちなみに風連湖は「根室十景」のひとつです。
こちらが春国岱です。砂州と呼ばれる砂でできた長さ8km、幅1.3kmの島で、風蓮湖と根室湾を
区切るように伸びています。別名「奇跡の島」と呼ばれ、数千年をかけて堆積した砂の上にエゾカンゾウやセンダイハギなどさまざまな植物が生い茂った、手付かずの自然があります。
ショップでお土産を買いこんでいたら時間が無くなってしまったので、急いで根室市内に戻ります。
根室市内までは車で20分ぐらいです。途中、温根沼大橋を渡ります。アイヌ語で大きな沼を意味し
アカエゾマツが茂る台地にかこまれ、淡水と海水が混ざった周囲15kmの汽水湖です。
「野付風連道立自然公園」に含まれ、干潮時にはアサリやホッキ貝が取れる潮干狩りスポットとなります。夕陽のスポットにもなっているのですが、時間が無いので次回の楽しみにとっておきます。
また、温根沼漁港は釣り人にも大変人気があります。クロガシラやカワガレイが釣れます。
温根沼も根室十景のひとつです。今回はここまでとして、あと8か所はまたの機会に
ご紹介できればと思います。根室土産は近日、別の記事で紹介しますね!
根室出身の私ですが、あらためて根室っていいところだな~としみじみ思いました。

では、また!

 

 

 この記事の投稿者

根室杉山水産・ツルガ

北海道根室市出身、かに屋さん歴28年                    高校卒業後、すぐに札幌に出てきたので若いころは感じることができなかった根室の良さを今再認識しています。根室のこと、かにのこと、自分でもまだ知らないことや、忘れていることがたくさんあるので、勉強し思い出しながらこのブログで伝えていけたらな~と思っています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ